FC2ブログ

 


-OBLIVION- シロディール冒険記2

[記事担当:りっき]

まず最初に、

※今回の内容は、とても哀しく不気味なお話になっています。
 また、ネタばれや少々過激なSSも含まれております。
 今回の記事を読む方は以上の内容を了承しお読み下さい。


さて、駆け出し冒険者リックの今回のシロディール冒険記は、
新しい町、スキングラードへと舞台を移しました。
地方都市の中で、もっとも発展している都市です。
城下町の崖の上のほうに城が建っており、壮大な町造りになっています。

DSC00278.jpg


さっそく、城下町を探索することに。
すると、とある人物が話しかけてきました。

DSC00293.jpg

彼の名はグラアシア、初対面のリックに対して唐突に、

「協力してほしい事がある。
 しかしここでは話せない、人目がある。
 深夜に大聖堂裏に来てくれ、誰にもつけられるなよ。
 時間を割くだけの話はあるから絶対に来てくれ」


という様な内容を告げそそくさと行ってしまった。
突然の出来事で何がなんだか分からないが、
深夜に彼に会いに行く事にしてみた。

夜まで時間があるので、ついでに彼の評判を街の人に聞いてみる事に。
すると彼の人柄が浮き彫りになってきた。


NPC1
「グラアシアだって?
 俺に言わせれば、完ぺきなプッツン野郎さ。
 だが今のとこ何も悪さはしていねぇ。」


NPC2
「陰口を言うつもりではないが、
 彼はかなりの変人だ。
 でも、町の変わり者だとか言って、みんなは大目に見ている。」


NPC3
「私の後をつけ回しているようなの。
 毎朝聖堂に向かうときに彼を見かける。
 何度か挨拶してみたけど、彼は聞こえないフリをするの。」


といった具合に、街での彼の評判は変わり者という印象で、とても良いとは言えない。
でも、目だった事はしていないので、みんな関わらない様にしているという雰囲気。

あちこち彼の話を聞きまわっていると、
一人の衛兵が話しかけてきた。

衛兵
「ちょっと小耳に挟んだんだが、
 おまえさん、グラアシアの事を街中で聞きまわっているようだな。
 やつはちょっと変わり者なんだ。何で聞きまわったりしている?」


と聞かれ、彼には関わるなと忠告された。

ですが、もう手遅れ、ここまで怪しいにおいが
プンプンする事を今更見過ごすわけにはいかない!(笑)

と言う訳で、深夜グラアシアと待ち合わせた
聖堂裏へとリックを向かわせた。

グラアシア
「おお、来てくれたか。
 誰にも尾行されてないだろうな?
 あんたは信用できると思ってるんだ。
 街の奴らは誰も信用できない。
 みんなグルなんだ…。みんなで私を監視している。」


グラアシアは、街のある陰謀を掴み、
そのせいで命を狙われていて、何人かに監視されてると言う。

そして、リックにその陰謀を暴くために、自分を監視しているという
特定の3人を尾行してその行動を探って欲しいと依頼してきた。

なんだか、腑に落ちない話で、
グラアシアの被害妄想の様な感じにも受け止められるが、
白黒はっきりさせたいので、彼の依頼を受けてみる事にした。

てなわけで、リックがストーカーを、、、じゃなくてw
探偵ごっこをすることになりましたヽ(´ー`)ノ

家にまで潜入するときも!
DSC00279.jpg

注:メタルギアソリッドではありません。
DSC00280.jpg

ぎゃーーー!
リック見つかってるよ~~!(⊃д⊂)
一言「帰って下さい」と言われました(´_ゝ`)

DSC00281.jpg


退屈な探偵ごっこも、
一人目:白、二人目:白といった具合に、
どの人物もグラアシアを監視しているどころか、
彼との関わりなんて全くなさそうな、
ただただ平凡に過ごしている街人だった。

そして、最後の三人目も白だった…。

結果、彼の言っていた陰謀の影形など一切出てこず、
監視されているなんてのは全くの被害妄想。

この事を、グラアシアにさっそく報告しに行くと、
事件は起きた……。

DSC00295.jpg

「思ったとおりだ!
 おまえもヤツらに丸め込まれたんだな!
 誰も陰謀に加担してないだと?
 私が信じるとでも思うのか?!
 やっぱりあいつらみんなグルだったんだな!
 みんな死んでしまえばいいんだ!
 おまえが最初に死ね!」


逆上したグラアシアはそう言い放ち、
背中にしょっていた斧でリックに襲い掛かってきた∑(゜△゜;)

DSC00298.jpg

DSC00310.jpg


急な展開に私もびっくりして、
街の広場へととにかくリックを逃がした!

すると、騒ぎを聞きつけた街の衛兵が一斉に集まり、
リックを追うグラアシアに向けて、
一斉に弓矢を放ってしまった……。

彼はなすすべもなくその場に崩れ落ちた…。

DSC00312.jpg

衛兵は何事もなかったかのように立ち去り、
偶然なのかその時の天候は雷雨で激しい雨と雷の中、
リック(私)は呆然とグラアシアの亡骸を見つめていた。。

DSC00313.jpg


その後、グラアシアの家に立ち寄り、
彼のメモ書きを発見した。

陰謀についてのことや、
自分を監視しているという3人の事など。

その中に、リックとの出会いのこと、
リックを新しい友人と書き記し、
依頼を通して、リックが
信頼できる人物かどうかなどが書かれていた。

陰謀が本当にあるのかどうかは謎のままですが、
グラアシアは疑心暗鬼な面があり、
自分の近隣の人物が自分を監視している等と
どこか悪い風に思い込んでしまっていたのかも知れません。

街中の人が彼を変わり者といい、
彼との関わりを持たず、
結果それがグラアシアの孤独に繋がり、
このような事件を引き起こしてしまったと言う風に、私は思います。

これも、オブリビオンのサブクエストの一つですが、
なんかとっても哀しく、何か考えさせられる内容でした。(;´д⊂)

さて、哀しいお話は吹っ切って、
新しい土地、新しい宝、新しい出会いを求めて
再び旅に出るリックでした。[続く]

DSC00291.jpg






blog_ne_logo.png




blog_rss_logo.png

Powered By 画RSS







Comments


Body

フリーエリア
プロフィール
  • 管理人:なぎ&りっき

※このブログについて

このブログは、管理人2人のGameLifeを中心に、今プレイしているゲームのプレイ日記等を始め、注目しているゲームの情報や気になるゲームニュース等をピックアップして更新している個人ゲームブログです。

まったりほのぼのと見守ってもらいつつ、応援して頂けると幸いです!

※ゲーム情報関連の記事は、管理人の趣味による部分が大きいので、全てのゲーム情報をカバーするBlogでないことはご了承下さい。<(_ _)>

※著作権ついて

このブログ内で取り扱われている画像や動画等は、各製作会社様に帰属し、会社名や製品名等は、各社の登録商標、もしくは商標です。

当ブログ内の画像や動画、コンテンツ等の無断転載・複製・改ざんを禁じます。

また、掲載している画像や動画等において、著作権に関する問題等があればご連絡下さい。
確認が出来次第、迅速に対応致します。

※その他ついて

リンクに関しては、特に許可の申請などは受け付けていないので、自由にリンクしてもらって構いません。

相互リンクに関しては随時大募集中です!
申請はメールフォームかコメント欄にお願いします。
ただし、管理人が不適切だと判断した場合はお断りさせて頂く場合がございます。

コメントやトラックバックも同様に、不適切と判断した内容、商業的なものは予告なく削除する場合がありますのでご了承下さい。

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

頂きアイテム
"ほのぼのGaMeLiFe"
に届いた素敵なアイテム集♪
- ウッチー・チェンさん作 -
honobono1.jpg

honobono1.jpg



>> その他タイトル画像集 <<

twitterで知り合った
チェンさんからの素適なプレゼント!
ありがとうございます(≧∇≦)b
アクセス





ブログパーツ



[ジャンルランキング]
ゲーム
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
25位
アクセスランキングを見る>>


人気ブログランキングへ ブログランキング-ブログのまどへ
にほんブログ村 ゲームブログへ ファイナルファンタジー14・攻略ブログ
ゲーム全般・ブログ PS3全般・ブログ

SEO
loading

  • seo
コメント

openclose

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
バナー

QRコード
QR
Powered By
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


FINAL FANTASY XIV
このBLOGは
『FINAL FANTASY XIV』
を応援中!